にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↑↑↑押して頂けると更新の励みになります。良かったらお願いします。

スカイステージ 星組

礼 真琴『男役研究中』

更新日:

スカステで〜ただいま、男役研究中〜

というコーナーをやっておりました。

礼真琴さんだったので、記事にしてみます。

〜ただいま、男役研究中。〜

出演者:礼真琴

この間まで、昨年から顔の色が黒めの役をさせて頂いて

おりまして、かなりお化粧の色も黒かったので

すごく舞台上で白目が重要だなという事を凄く学びました。

目線の先だったり、光が白目に当たった時の

白目の利き方っていうのを、見ている方からも

自分でも凄く沢山発見があったので

目線だったりを研究中するようになりました。

大劇場だと、二階席のお客様がいらっしゃるので

出来るだけ、二階に目線を飛ばしたいなという

私のモットーといいますか

銀橋に行っても二階のお客様も皆一緒だよみたいな感じで

周りを見渡しながらというのを心がけております。

 

今回のブーケドタカラヅカでは先生に

清く正しくセクシーにというお言葉を頂きましたので

目線であったり、仕草も、目の使い方でいかに

セクシーな男を出せるかというのも課題でした。

ガッと見るところと、フッと見るところと

ギラっと見るところと、ちょっとした効果音でも違いますけど

その目線の開き具合だったりというのを

研究しながらやております。

男役にとって手の表現というのは大事で

基本は長ズボンの長袖で基本は顔と手の先しか

見えないということがほとんどなので

いかに手だけで表現するかというのは

下級生の頃から上級生の皆さまにも沢山おしえていただきました。

手の筋だったり、血管だったり、男の人というのは

手の血管が魅力的だったりするので

真似しながら、研究しながら…

女役をする時には逆に血管を無くしたりする技も覚え

その役によって色々と表現しております。

 

後は踊る時は、手の先、爪の先

もっとその先まで手があるように

そして、キラキラしたものが出ているように

大きく踊れるように手の先まで意識するように

しております。

 

わりと、私手がお大きい方だと思うんです。

ゴツゴツしていて、手でも娘役さんを包み込むというような

強さと温かさを出せたらいいなと

まだまだなんですけれども、日々そんな事を

思いながらやっております。

基本的に元々ハスキーだったり

低めの声なんですけれども

9年めにしてどんどんどんどん低くなっております。

役によって左右されますし

アデレイドちゃんをやってた時は

地声も高かったんじゃないかなと思います。

でも、研2の時に、初演のロミオとジュリエットの時は

愛の役で全く声を発さない役で

礼真琴という名前もほとんど知られてないというか

そうゆう時だったので

見にきて下さった他組の上級生の方とかと

「愛の役の子だよね」ってなった時に

「あ、そうなんです」と言うと

「声低く!!」みたいなやり取りがあって

それは、研2の時からありました。

この低い声は自分の強みでもあるかなと思いますので

上手く活かしていけたらなと思っております。

 

歌う時は特にショーとか礼真琴として一曲を

歌う時は自分の気持ちいいところで声を出して歌っている

んですけれども

お芝居や、ショーでもお芝居の場面があった時には

声質をころころ変えていけるようになれたらいいなと

思っております。

ブーケドタカラヅカの中でも

青年から大人まで色々とさせて頂いているので

場面、場面色々とやっていけたらいいなと思っております。

9年間男役として宝塚で沢山学んできて

毎回違う新しい作品に出会うたびに

スッとその役に入っていけるというのは

元々の男役という男性の気持ちが備わってきているんだなという

風には思います。

下級生の頃は「こうゆう時って男の人だったらどうするんだろ」と

思っていたのが

年数を重ねることによって

自然とその仕草ができるようになったりとか

立ち方だったり、歩き方だったり

見えるものもそうですけれども

娘役さんに対しての行動だったり、眼差しだったり

手の使い方だったり

全て心と連動しているのではないかなと思います。

 

来年男役10年ということでもっともっと

宝塚の男役を全うしていきたいと思います。

まとめ

二番手さんになられたので

今後娘役さんをする事はないかもしれませんが

本当に化ける人だなと思います。

(もちろん良い意味ですよ)

アデレイドちゃんをしている礼真琴を見て

スカピンの礼真琴を見ると

なんか、同一人物ってわかってるんだけど

頭の中がパニック起こしている自分がいる。

顔が可愛いので娘役でもいけちゃうっていうのがね。

男役さんってかなり失礼な話

娘役をすると、女装した男性に見えたりもするじゃない?

いや、しますよねー。

でも、全くないもんなー。

アデレイドちゃんは可愛かった。

風と共に去りぬのスカーレットもだけど

紅ゆずるさんの相手役が多かったから

もう、そんな絡みはないんだなと思うと

ちょっと寂しい気もしますけどね。

そんな時は昔のDVDでも見て楽しもう。

 

アデレードちゃんの時は紅さんから指輪を貰ったって

言ってましたし

公演中は常に、紅さんを目で追ってしまうと言ってましたね。

普段は男役さんでも

公演中は娘役さんの気持ちになってしまっていたんでしょうね。

 

ああ、一度でいいから娘役さんになりたいと

思ってしまう私なのでしたー

 







にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

-スカイステージ, 星組
-, ,

Copyright© ジェンヌの夢破れた私が書く宝塚 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.