にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
↑↑↑押して頂けると更新の励みになります。良かったらお願いします。

星組 観劇レポ

「うたかたの恋」紅ゆずるさん

投稿日:

紅ゆずるさんの事を書いていきます。

 

もう、かっこよすぎ。

はい。これですね。

これに尽きます。

 

と、、これでブログ終わっちゃうので

今回の公演を見て

紅ゆずるさんの感想を書いていきます。

 

お歌がね、えへへ…。

もう、歌は皆んな言いますが

うーん、やっぱりお上手とは言えないというか…。

 

デュエットダンスの

紅さんから凪七瑠海さんに変わるところとか

上手じゃないのがバレちゃう。

いや、バレてるけど…尚更ね。

 

でも、いいのです。

トップとしてどうよ。という人もいます。

いますが私は歌がどうのとかじゃなく

紅さんが好きなのでそれでいいのだ。

 

やっぱり、私演技が好きなんでしょうか。

きっと、お顔がタイプなわけじゃない。

若かれし頃の「好きなひとがタイプ」という感じです。

 

ルドルフ役で、更に落ちましたね。

あの、貴公子的な雰囲気。

 

マリーを愛するあの瞳。

優しく包む手。

 

初めてルドルフのお部屋を訪ねたマリーに

キスしようとするけど

恥ずかしがって逃げられる。

みたいな場面。

もう、本当キュンキュンします。

 

え?本当に女性ですか?という。

あと、マリーがルドルフに飛び上がって抱きつく場面。

もう、本当好き。

好きすぎる。

 

紅さんお得意のお笑い場面はあまりないですが

それ以上です。

私、普段は紅さんのお笑い要素いっぱいのところが好きなんです。

でも、うたかたの恋はそれがなくても

本当に本当に何度でも見たい。

何度でも見て泣きたい。

そんな感じです。

 

最後の二人が自殺する場面。

やっぱりあのシーンが好き。

でも、見たくない。悲しいから。

でも、1番好き。

というもう本当複雑な気持ちになります。

 

マリーが今までのルドルフとの思い出を

ベッドで語り…。

ルドルフが「静かに…」

その時の表情。

泣けるでしょ。

紅さんの表情はなんとも言えない

悲しげな微笑みです。

その微笑みがとても素敵で素敵で。

 

そして、マリーが眠りについて

銃を向ける。

時間がないのだけど

愛する人を撃てない。

その悲しい顔が、心に刺さります。。

もう一度そっとキスをして…

 

 

辛すぎるーーーー。

泣くーーーー。

 

 

そして、その後。

宝塚は、死んだ後の二人を真っ白な衣装で

スモークの中踊るというのが多い。

というか、ほとんどですね。

 

でも、その場面って勝手に

天国で幸せになったんだなー。という妄想をさせて

またまた泣かせるんだよなー。

 

私も当然泣きました。

ライトが消えていく時のルドルフの顔が

生きている時は幸せだけれども

どこか儚げ、寂しげ、切なげだったのが

本当に幸せそうに笑っていたのです。

 

きっと二人は幸せになれたんでしょう。

 

はぁ…紅さん素敵でした。

 







にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

-星組, 観劇レポ
-, , ,

Copyright© ジェンヌの夢破れた私が書く宝塚 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.